第3回いわき市植樹に出席して (2月24日)

2019/02/28

表示日付
平成31年2月
活動内容
  第3回いわき市復興さくら植樹式が、2月24日(日)に開催されました。               参加申込者は200名弱だったのですが、申込されずに参加された方が多く、 また、途中参加の方も有り、約400名となる盛大な催しとなりました。  第1回いわき市復興さくら植樹式は、平成27年3月7日(土)。 東日本大震災時、多くの救援物資や義捐金で、いわき市を支援して下さった 台灣友之會の黄崑虎総会長ご夫妻、蔡淑美執行長、元台灣銀行頭取の 李勝彦様など台灣の方々、日本各地の育桜会員の皆様、植樹を教えてくれた寄居町「荒川グリーングリン」の方々、日本花の会の方々など多くの方に支援 されての開催でした。
  第2回いわき市復興さくら植樹式は、平成30年3月17日(土)。 第1回は、復興公営住宅の敷地などでしたが、第2回は、復興により形が整った 防波堤緑地・公園などで、吉野正芳復興大臣も参加しての盛大な植樹でした。   育桜会より、いわき市の復興に植樹で、お手伝い出来ないかを相談され、ご自身も被害を受けた遠藤重政様(元いわき市議会副議長)に相談、甚大な被害を受けた海岸部で植樹する方向になりました。第1回植樹式後は、育桜会といわき市で協定書を締結、地元の方々や行政と一体となっての事業でした。
  当初何をするかも分からず、育桜会寄居町植樹に、遠藤重政様と二人で参加。 区長改選年の為、新区長誕生を待ち、遠藤守俊豊間区長を会長に、豊間・薄磯・ 沼ノ内の役員で復興さくらの会を構成、寄居町の植樹地や、日本花の会の 結城農場を訪問しました。   震災以前、この三地区が協力して実施した事業は無かったのですが、桜で一つになりました。   いわき市復興さくらの会の植樹は今回で最後、目標としていた苗木1320本 (内、育桜会より320本)が植樹されました。   復興さくらの会を立ち上げ時、「桜が咲く頃、俺、死んじまう。」と言われたことが有りました。「震災で俯いているばかりでは駄目。見上げる空間を創りましょう。死んでしまうかも知れないが、誰かがやらなければ何も形にならない。」と話しながらの実施でした。 今では、「俺は、この桜が咲くのを楽しみにしている。」と言ってくれます。
「希望の光をこの地に」                                                                                                   育桜会創設者、園田天光光先生の「光」を入れた碑も建ちました。                                        本当に多くの方々に支えられ実施できた事業でした。                                                         感謝申し上げます。                                                                                                      ありがとうございます。                                                                                                                    (育桜会理事 櫛田武伯 記)
画像リスト

挨拶する育桜会の櫛田理事
画像リスト

挨拶する育桜会の櫛田理事
画像リスト

植樹する櫛田理事
画像リスト

櫛田理事と工藤正樹会員
画像リスト

塩屋崎灯台へ続く防災緑地
画像リスト

植樹後の執行部集合写真

更新情報一覧を見る

入会希望、イベント参加、
その他お問合せはこちらから

イベント参加申し込み

特定非営利活動法人 育桜会

〒154-0011
4-41-2 Kamiuma, Setagaya-ku, Tokyo, Japan
東京都世田谷区上馬4-41-2
info@ikuoukai.org
Fax.03-3411-2878

 

 
➀諫元信義
 
 ➀創刊号 2018.1.1
②第2号 2018.6.1
③第3号 2018.12.1
④第4号 2019.6.1